ラオスのラオ子。

美味しいものと音楽で、Memento Moriな毎日を。青年海外協力隊2018年度3次隊コミュニティ開発隊員の活動記録兼ラオス情報。

「じぶんごと」化するということ

結論なし。ぶつぶつ、ひとりごとです。

今月17日、エチオピア航空の旅客機が、

首都アディスアベバからケニアのナイロビに向かう途中墜落。

乗員乗客157名全員が亡くなりました。

 

また、つい昨日、モザンビークでは

サイクロン「アイダイ(イダイ)」による破滅的な被害で

1000名を超える犠牲者が出ており、

その被害は隣国ジンバブエ・マラウイにも及んでいるそうです。 

 

エチオピア。ケニア。モザンビーク。ジンバブエ。マラウイ。

どの国にも、協力隊の仲間がいます。

半年前まで自分には何のご縁もなかった場所が、

今は自分の「うちがわ」の世界になっている感覚。

 

 

ニュースで協力隊の派遣国を見るたび、ひやひや。

無事で居てくれるかな。被害に遭ってないかな。

任地の物資の不足に繋がったりしないのかな。

電気と水道は止まってないかな。

その国のニュースを見るだけで色んな事を考えるようになりました。

 

そして、ここ数日で最もショッキングだった

「日本人2名がカンボジア人を殺害した」というニュースを見て、

市場からの帰り道、どうにもできない感情に襲われました。

怒りとも悲しみとも言えない、どろどろした気持ちです。

亡くなられた方は40歳のタクシードライバー。

結婚されていたら、きっとまだ学生のお子様がいらっしゃるはず。

公的扶助や社会福祉の制度化がされていない途上国で、

奥様はこの先どうやってその暮らしを支えていけるんだろうか。

 

 
 
 
View this post on Instagram

ラオスのラオ子。さん(@laos_no_laoko)がシェアした投稿 -

 

 

遠い国の見知らぬ人をこんなに憂うのは、

カンボジアが「じぶんごと」化されているからだと

ここ数日見聞きするなかで気が付きました。 

 

受動的に日本の情報が入ってこないのが外国というものですので、

毎朝起きたら海外ニュースだけはチェックするのが

私の習慣になりました。

自分の関心が向いている方向が自分でもよくわかる。

これが、人と繋がるということなのかもしれないな。

そして、この繋がりこそが、

自分にとって一番大切なものなんだろうな。

そのためのコミュニティ作りとして、

社会人になってあの人数と一度に出会える

協力隊の訓練が与えたインパクトは、めちゃめちゃ大きかったな。

 

いろんなニュースを見るたびに、

悲しくなったり不安になったりしてしまうけれど、

当事者意識こそが人を動かすのだと信じて

「じぶんごと」の世界を広げていけたらと思いました。

そして、それが水面の波紋のように、

私の周りに居てくれる誰かにも響いていきますように。

 

さいごに。

カンボジアで過ごした2年間は私にとってかけがえのない時間です。

優しさ、温かさ、情の厚さに、幾度となく心揺さぶられて、

第二の故郷だと思うほど大好きになれたからです。

しかしそれも、この国と関わってこられた大先輩方とカンボジアの人たちの

真摯な関係づくりあってこそのものだと思っています。

 

www.facebook.com

 

今回シェムリアップで起きた事件、加害者のことは許せません。

でも、SNSで叩いても、何も出てきません。

私がそんなもやもやを抱えている中、

このように、本当に苦しんでいる人に目を向けて

すぐに行動されたカンボジア在住の方々を、

わたしも見習わねばと思いました。

 

上記リンクより遺族支援募金の詳細をご確認いただけます。

ぜひご覧いただければと思います。

 

カンボジアにお世話になったいち日本人として、

被害に遭われたご家族の方々が少しでも平穏に近づくことを

願ってやみません。

 

 
 
 
View this post on Instagram

ラオスのラオ子。さん(@laos_no_laoko)がシェアした投稿 -